血液の鉄人の医学切手の部屋

今までに収集した世界各国の医学切手を使用して、医学の歴史・医学に貢献した人物・切手に描かれた病気や各種臓器など興味深くかつ理解しやすく紹介します。

タグ:寄生虫アラカルト

オンコセルカ症は、河川盲目症とも呼ばれ、回旋糸状虫(Onchocerca volvulus)という寄生虫によって引き起こされます。 回旋糸状虫に感染したシムリウム属のクロバエ(ブユ)に繰り返し咬まれることで感染します。オンコセルカ症は,急流の河川において繁殖するブユ(Simulium属 ... もっと読む

通常は清潔な水源からの飲料水をほとんど確保できないか、又は全く確保できない人々が、メジナ虫の幼虫を媒介するミジンコ類(サイクロプス)を含んだ澱んだ水を飲むことで感染します。メジナ虫症で死亡することは稀ですが、感染した人に数週間は機能不全が起こります。貧し ... もっと読む

皆さんはシマウマを御存知でしょう。シマウマ特有の全身の美しいシマ模様には不思議な効力があります。シマウマのシマ模様は、アフリカ睡眠病の病原体を媒介するツエツエバエなどの吸血バエを寄せ付けないために進化して身に着けた可能性があると科学的な分析がなされていま ... もっと読む

アフリカ睡眠病は、病状が進行すると睡眠周期が乱れ朦朧とした状態になり、さらには昏睡して死に至ることが名前の由来となっていて、"催眠病"、"眠り病"、"アフリカトリパノソーマ症"とも呼ばれています。アフリカ睡眠病は、アフリカ大陸の北緯15度から南緯20度の範囲のうち ... もっと読む

広東住血線虫は、アフリカマイマイを中間宿主とするヒトに寄生すると好酸球性髄膜脳炎を引き起こし場合によっては死亡します。成貝の殻径が7~8cm、殻高が20cm近くになる世界最大級のカタツムリのアフリカマイマイは、広東住血線虫を持っていますアフリカマイマイを身体に ... もっと読む

↑このページのトップヘ