中世ヨーロッパでは、尿の観察を病気の重要な診断法として広く用いられていました。医師はすべて透明のガラス容器の検尿瓶に尿を入れて、これを明るい光にかざして尿の色・混濁・浮遊物・匂いなどを観察し、病気を診断しました。今でもヨーロッパの美術館や寺院には、この時 ... もっと読む