コモドドラゴン(コモドオオトカゲ)は、爬虫綱有鱗目オオトカゲ科オオトカゲ属に分類されるトカゲで、インドネシア(コモド島、リンチャ島、ギリダサミ島、ギリモタン島、フローレス島南部)に生息し、全長200~300cm、頭胴長70~130cm、体重約70kgあります。

コモドドラゴンは、ノコギリ状の歯で噛み付いて引っ張るような動作により、歯の間にある複数の毒管から流し込まれる。これは、毒の注入に特化した結果、牙としての強度や殺傷力が弱まってしまった毒蛇などと異なり、歯自体の強度と殺傷能力を保ったまま毒の注入を可能とする構造であると推測されている。

毒の成分は、ヘモトキシンで、溶結作用を持つ血液毒です。

血液の凝固、血圧の低下、筋肉の麻痺、意識の喪失を引き起こす作用があります

コモドドラゴンの毒は、血液の凝固を阻害するヘモトキシンです。毒液が体内に入ると、血液が固まりにくくなり、失血によるショック状態に陥ります。また、筋肉の麻痺や意識障害を引き起こす作用もあります。

コモドドラゴンの毒の致死性は、獲物の種類や体格によって異なります。大型の動物の場合は、毒を注入された後、数時間から数日で死亡することもあります。一方、小型の動物の場合は、毒を注入された後、数分から数十分で死亡することもあります。

コモドドラゴンの毒は、その強力な致死性から、研究者たちの注目を集めています。近年では、コモドドラゴンの毒の成分や作用を解明する研究が進められており、その成果は、医療や製薬などの分野で応用されることが期待されています。

なお、コモドドラゴンの毒は、人間に対しても致命的である可能性があります。そのため、コモドドラゴンに近づく際には十分に注意が必要です。

以下に、コモドドラゴンの毒の作用をまとめます。

血液の凝固を阻害する
筋肉の麻痺を引き起こす
意識障害を引き起こす
致死性がある

コモドドラゴンに近づく際には、十分に注意し、噛まれないようにしましょう。

切手は2000年インドネシア発行の「コモドドラゴン8面切手」で、コモドドラゴンが描かれています。



コモドドラゴン.インドネシア.2000


切手は1965年ベルギー発行の「爬虫類切手」の中の一枚で、コモドドラゴンが描かれています。



コモドドラゴン.ベルギー.1965



切手は2016年モルディブ発行の「世界の動植物切手」の中の一枚で、コモドドラゴンが描かれています。



コモドドラゴン.モルディブ.2016



切手は2011年ギニア発行の「コモドドラゴン小型シート」で、コモドドラゴンが描かれています。


コモドドラゴン.ギニア.2011



切手は2011年フランス発行の「ユネスコ用公用切手」の中の一枚で、コモドドラゴンが描かれています。



コモドドラゴン.フランス.2011