木星と地球は太陽系の2番目と3番目の惑星であり、太陽からそれぞれ5.2AUと1AUの距離にあります。

木星は太陽系最大の惑星であり、質量は地球の318倍で地球は太陽系で唯一知られている生命体の生息地です。

木星と地球の関係は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、 木星の重力が地球を太陽に近づけないように守っている ことで、木星の重力は地球の軌道を安定させ地球が太陽に引き寄せられるのを防いでいます。

もし木星がなかったら、地球は太陽に近づきすぎて、生命が存在できないような環境になっていたかもしれません。 

2つ目は、 木星が地球を小惑星や彗星などの天体から守っている ことです。

木星は、地球の軌道に近づく小惑星や彗星を捕捉し、地球に衝突する前に破壊したり、地球の軌道から遠ざけたりして守っています。

このように、木星は地球にとって重要な役割を果たしている惑星でもし木星がなかったら、地球は生命の存在が危ぶまれるような環境になっていたかもしれません。



切手は1992年北朝鮮発行の「惑星小型シート」の中に収められた一枚で、木星が描かれています。



木星.北朝鮮.1992


切手は2016年米国発行の「私たちの惑星の眺め小型シート」の中に収められた一枚で、木星が描かれています。


木星.米国.2016



切手は2018年インド発行の「太陽系の惑星小型シート」の中に収められた一枚で、木星が描かれています。

木星.インド.2018



切手は1973年ベネズエラ発行の「フンボルト プラネタリウム10周年記念切手」の中の一枚で、木星が描かれています。



木星.ベネズエラ.1973


切手は1973年ベネズエラ発行の「フンボルト プラネタリウム10周年連刷切手」で、太陽系が描かれています。

太陽系.ベネズエラ.1973


切手は2018年ネイビス島発行の「ミルキーウエイ(天の川)小型シート」で、左から太陽、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の太陽系が描かれています。



太陽系.ネイビス.2018