血液の鉄人の医学切手の部屋

今までに収集した世界各国の医学切手を使用して、医学の歴史・医学に貢献した人物・切手に描かれた病気や各種臓器など興味深くかつ理解しやすく紹介します。

2024年07月

エイリアン(alian)とは、外国人、見知らぬ人が転じて異星人(地球外生命体)として使用されています。エイリアンの存在は、現時点では科学的に証明されていませんが、宇宙の広大さや地球外生命体が存在する可能性を示唆する様々な証拠からして多くの科学者や研究者は彼らの存在 ... もっと読む

竹水は、竹の成長期に根から吸い上げられた水のことです。竹は成長が非常に早く、一晩で1メートルほど伸びることもありこの驚異的な成長力を支えるのが、竹水なのです。竹水は、4月下旬から6月上旬にかけて採取でき特に、旧暦5月5日に採取された竹水は「神水」と呼ばれ、大変 ... もっと読む

使役犬(working dog)は、働かされる犬のことで、使役動物の一種として日常的には働く犬や職業犬と呼ばれることもあります。使役犬として有名なものとしては、盲導犬・聴導犬・介助犬・警察犬・麻薬探知犬・食物探知犬・災害救助犬などが浮かびます。この度柴犬が使役犬とし ... もっと読む

アル・カポネ(1899~1947)は、アメリカ合衆国のギャングで、禁酒法時代のシカゴを牛耳り高級ホテルを根城に酒の密造・販売・売春業・賭博業の犯罪組織を運営し、機関銃を使った機銃掃射まがいの抗争で多くの死者を出したことでも知られています。しかし反面黒人やユダヤ人 ... もっと読む

デジデリウス・エラスムス(1466~1536)は、ネーデルラント出身の人文主義者、カトリック司祭、神学者、哲学者で"ロッテルダムのエラスムス"とも呼ばれています。彼が1511年に出版した『痴愚神礼讃』(ちぐしんらいさん)は、特に有名で人間社会の馬鹿馬鹿しさや繰り広げら ... もっと読む

↑このページのトップヘ