血液の鉄人の医学切手の部屋

今までに収集した世界各国の医学切手を使用して、医学の歴史・医学に貢献した人物・切手に描かれた病気や各種臓器など興味深くかつ理解しやすく紹介します。

2022年11月

1905年にドイツ生まれの理論物理学者アルベルト・アインシュタイン(1879~1955)が提唱し、重力の影響を考えない特殊な環境下において、「時間の進み方や空間の大きさは『絶対的』なものではなく、観測者の置かれた状況によって変わる『相対的』なものである」とする物理理 ... もっと読む

ドイツ生まれの理論物理学者アルベルト・アインシュタイン(1879~1955)は、真空中の光の速度は誰が見ても一定の値と提案しました。光の速さはどの様な条件のもとでも観測する場所の速さや光源の運動の速さには関係なく秒速30万キロメートルで一定なのだと考えました。アイ ... もっと読む

ニュートンの法則は、下記の3つから成り立っています。1.第一法則(慣性の法則)静止または等速直線運動中の物体は、外から力を受けないかぎり、その状態を続ける。2.第二法則(ニュートンの運動方程式)運動の変化(加速度)は、加えられる力と同じ方向に起こり、力の大 ... もっと読む

ドイツの天文学者ヨハネス・ケプラー(1571~1630)は、以下に述べるケプラーの法則を打ち立てた人物です。彼は天文物理学者としての先駆者と讃えられています。ケプラーの法則は、地球を含む太陽系惑星の公転運動を定式化したものであり、第一法則から第三法則で成り立って ... もっと読む

フランスの物理学者アンドレ=マリ・アンペール (1775~1836) が1820年発見した法則です。電流とそのまわりにできる磁場との関係をあらわす法則です。電流と磁力の間には密接な繋がりがあり、直線の導線を流れる電流の周りには同心円状に地場が発生し、この地場の向きは電流 ... もっと読む

↑このページのトップヘ