血液の鉄人の医学切手の部屋

今までに収集した世界各国の医学切手を使用して、医学の歴史・医学に貢献した人物・切手に描かれた病気や各種臓器など興味深くかつ理解しやすく紹介します。

2022年08月

プラークに潜む細菌(ミュータンス菌など)が作り出す酸によって、歯が溶かされた状態が虫歯です。虫歯の予防には歯磨きが重要ですが、歯磨き後の口のすすぎは何回すればよいのでしょか?フッ素(フッ化物)を含むアパタイトは再石灰化を起こしやすく、いったん歯に戻ると次には ... もっと読む

ブルームは果粉とも言われ、脂肪酸などできた天然成分なのです。よくブドウの皮の表面が白く覆われていますが、これがブルームです。リンゴ、キュウリ、スイカ、プラム、ブルーベリー、ブロッコリーなどにも現れます。ブルームには、雨や朝露などをはじいて病気を防いだり、 ... もっと読む

フランス軍の帰還とともに梅毒が流行したため、この病気は「フランス病」という名でも知られていて、梅毒を意味する "syphilis(シフィリス)" という単語が登場するのは1530年で、イタリアの医師・詩人ジローラモ・フラカストロ(1478~1553)によって初めて用いられました。彼 ... もっと読む

梅毒がはじめてヨーロッパにもちこまれたのは、1493年、クリストファー・コロンブス(1454頃~1506)の第1回アメリカ探検隊の隊員が西インド諸島の原住民との性交渉により感染し、その感染者が帰国後傭兵となりイタリア戦争を期にフランス、イタリアに広がり、ナポリ病またはフ ... もっと読む

ウルリヒ・フォン・フッテン(1488~1523)は、ドイツの著作家・思想家・人文主義者で、宗教改革期にカトリック教会を激しく批判した人物です。また彼は1517年に神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世から桂冠詩人の称号を受けてます。※桂冠詩人(けいかんしじん)は、優れた詩人 ... もっと読む

↑このページのトップヘ