血液の鉄人の医学切手の部屋

今までに収集した世界各国の医学切手を使用して、医学の歴史・医学に貢献した人物・切手に描かれた病気や各種臓器など興味深くかつ理解しやすく紹介します。

2021年04月

アロエは、ユリ科 アロエ属の多肉植物の総称です。アロエには多くの種類がありますが、中でもキダチアロエは「医者いらず」と呼ばれ、その葉汁が種々の皮膚病に効くと言われ、民間療法で外用されています。健胃や便秘薬として、生葉の透明な多肉質部分を食したり、乾燥葉を ... もっと読む

エミューは、ダチョウ目エミュー科の鳥で、オーストラリアにしか生息していません。ダチョウと同様に空を飛ぶことのできない鳥です。ダチョウとの違いは、その体の大きさにあり、ダチョウを一回り小さくしたような体をしています。エミューはオーストラリアの非公式な国鳥で ... もっと読む

日本への原子爆弾投下は、第二次世界大戦の末期である1945年8月6日に広島に、同年8月9日に長崎に、アメリカ軍が二発の原子爆弾です。これは人類史上初、なおかつ世界で唯一核兵器が実戦使用された例です。日本人にもアメリカ人にも 「第二次世界大戦を終結させるためには ... もっと読む

生きとし生けるものは年をとりやがて死を迎えるのは自然の法則であり、何人もこの法則からは逃れることはできません。老化は20歳代から始まり、心臓、腎臓、脳への血液循環量は年と共に減少し、血管壁、細胞の弾力性も減少し、やがて聴力や視力も低下し、さらに老化が進むに ... もっと読む

赤血球は1958年にオランダの博物学者ヤン・スワンメルダム(1637-1680) が、カエルの血液中に"赤い小球体"が存在すると記載し、その後1665年にイタリアのマルセロ・マルピギー(1628~1694)がハリネズミの毛細血管内に流れる血液中に赤血球と思われる小体を発見したと簡単に記 ... もっと読む

↑このページのトップヘ