血液の鉄人の医学切手の部屋

今までに収集した世界各国の医学切手を使用して、医学の歴史・医学に貢献した人物・切手に描かれた病気や各種臓器など興味深くかつ理解しやすく紹介します。

中国の『書経』にある、「牧誓」という文章で、『牝鶏無晨。牝鶏之晨、惟家之索。』と記載されています。この漢詩を日本語にしますと、『牝鶏(ひんけい)は晨(あした)する無なし。牝鶏(ひんけい)の晨(あした)するは、惟(これ)家の索(つ)くるなり』、となります。めんどりが朝 ... もっと読む

たいやきは美味しく、私も大好きです。このたいやきの中に養殖ものと天然ものがあるそうです。天然ものと養殖ものの違いは、たい焼きを作る『釜』にあるそうです。養殖ものとは、生地を焼き型に流し入れて焼き、片側にあんこをのせて両側を合わせ、一度に6~10匹ほど焼き上 ... もっと読む

プラークに潜む細菌(ミュータンス菌など)が作り出す酸によって、歯が溶かされた状態が虫歯です。虫歯の予防には歯磨きが重要ですが、歯磨き後の口のすすぎは何回すればよいのでしょか?フッ素(フッ化物)を含むアパタイトは再石灰化を起こしやすく、いったん歯に戻ると次には ... もっと読む

ブルームは果粉とも言われ、脂肪酸などできた天然成分なのです。よくブドウの皮の表面が白く覆われていますが、これがブルームです。リンゴ、キュウリ、スイカ、プラム、ブルーベリー、ブロッコリーなどにも現れます。ブルームには、雨や朝露などをはじいて病気を防いだり、 ... もっと読む

フランス軍の帰還とともに梅毒が流行したため、この病気は「フランス病」という名でも知られていて、梅毒を意味する "syphilis(シフィリス)" という単語が登場するのは1530年で、イタリアの医師・詩人ジローラモ・フラカストロ(1478~1553)によって初めて用いられました。彼 ... もっと読む

梅毒がはじめてヨーロッパにもちこまれたのは、1493年、クリストファー・コロンブス(1454頃~1506)の第1回アメリカ探検隊の隊員が西インド諸島の原住民との性交渉により感染し、その感染者が帰国後傭兵となりイタリア戦争を期にフランス、イタリアに広がり、ナポリ病またはフ ... もっと読む

ウルリヒ・フォン・フッテン(1488~1523)は、ドイツの著作家・思想家・人文主義者で、宗教改革期にカトリック教会を激しく批判した人物です。また彼は1517年に神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世から桂冠詩人の称号を受けてます。※桂冠詩人(けいかんしじん)は、優れた詩人 ... もっと読む

デジデリウス・エラスムス(1466~1536)は、ネーデルラント出身の人文主義者、カトリック司祭、神学者、哲学者で"ロッテルダムのエラスムス"とも呼ばれています。彼が1511年に出版した『痴愚神礼讃』(ちぐしんらいさん)は、特に有名で人間社会の馬鹿馬鹿しさや繰り広げら ... もっと読む

ギュスターヴ・フローベール(1821~1880)は、フランスの小説家で、的確・精緻な表現で、リアリズム小説を芸術的に高めた人物です。彼は1948年にエジプトからパレスチナ、シリア、トルコ、ギリシャ、イタリアを21ケ月かけて旅行し、この旅行中に梅毒トレポネーマに感染し梅 ... もっと読む

ラファエロ・サンティ(1483~1520)は、盛期ルネサンスを代表するイタリアの画家、建築家で、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロとともに、盛期ルネサンスの三大巨匠と称されています。彼の代表作としては、バチカン宮殿の署名の間の壁面に《聖体の論議》《アテナイ ... もっと読む

ベドルジハ・スメタナ(1824~1884)は、チェコの作曲家・指揮者・ピアニストで、ロマン派の作曲家として有名です。6つの交響詩から成る『わが祖国』と、オペラ『売られた花嫁』、弦楽四重奏曲『弦楽四重奏曲第1番 「わが生涯より」』で知られています。1874年より現れた耳の ... もっと読む

ギ・ド・モーパッサンアンリ・ルネ・アルベール・ギ・ド・モーパッサン(1850~1893年)は、フランスの自然主義の作家です。モーパッサンは梅毒トレポネーマに脳を侵された結果、精神障害を起こし自殺を図って、それがさらに体を弱らせる、この悪循環に陥り最終的には1892年自殺 ... もっと読む

エドゥアール・マネ(1832~1883)は、19世紀のフランスの写実主義の画家です。1876年、7月に左足に痛みを覚えるようになり、1870年代末には左足の痛み、極度の疲労、全身に刺すような痛みなど梅毒の末期症状が現れます。1881年頃には病状は一段と悪化し痛みで体が麻痺してい ... もっと読む

第45回先進国首脳会議(45th G7 summit)は、 2019年8月24日から26日にかけてフランスのビアリッツで開催されました。切手は2019年シエラレオネ発行の「第45回G7サミット開催記念小型シート」で、切手左上の切手に会議に臨む安倍晋三総理を描いた絵が描かれています。今まで ... もっと読む

安倍総理が2017年2月9日から13日まで訪米し、トランプ米大統領が同年11月5日から6日にかけて来日し、来日中安倍晋三総理との首脳会談に臨み、その後大統領夫妻は、新天皇陛下即位後初めての国賓として5月25日~28日に来日し、天皇陛下とも会見された時の記念切手です。切手は ... もっと読む

↑このページのトップヘ