血液の鉄人の医学切手の部屋

今までに収集した世界各国の医学切手を使用して、医学の歴史・医学に貢献した人物・切手に描かれた病気や各種臓器など興味深くかつ理解しやすく紹介します。

この絵画は、ベロン・ベルクールの作品て廃兵院を慰問するナポレオン1世が描かれています。『廃兵院に傷病兵を慰問するナポレオン』は、ベルサイユ美術館に所蔵されています。背後から患者を抱え起こしているのが廃兵院の院長のジャン・フランソワ・コステ軍医とされています ... もっと読む

エドヴァルド・ムンク(1863~1944)は、19世紀~20世紀のノルウェー出身の画家で、『叫び』の作者として有名です。ムンクの作品は、一生涯にわたり「生と不安と苦悩」によって生まれたものと言われています。彼は、「妄想性分裂症」を患っており、彼の作品の中には「生と死 ... もっと読む

ベネズエラの画家クリストバル・ロハス(1857~1890)が描いた絵画に「腕」があります。生きている人の右腕を描いた絵画は非常に珍しく、筋骨隆々とした上腕二頭筋の盛り上がり方は見事なものです。切手は1969年にベネズエラから発行された「油絵切手」6種の内の1種でロハス ... もっと読む

パブロ・ピカソ(1881~1973)は、1897年に「科学と慈悲」と題する絵画を描いています。この絵画を描いた時は、ピカソ16歳の時です。この絵画は、医師が時計を見ながら女性患者の脈を取り、病床の左側にはこの女性患者の子供を抱いた修道女が女性患者に薬を渡そうとしている光 ... もっと読む

「黄熱」と題するこの絵画は、ウルグアイの画家で民俗的テーマを描いたレアリズムの画家フアン・マヌエル・ブラネス(1830~1901)が1871年に描いたものです。「黄熱」で苦しむ妻を家に残し医師を迎えに行った夫が、医師と共に帰宅すると妻は床に倒れ既に死亡し、ひとり残され ... もっと読む

この絵画は、1632年にレンブラント(1606~1669)が26歳の時に描き上げたものです。現在はハーグの王立美術館マウリツハイスに所蔵されています。Dr.トゥルプは、集団肖像画の第一人者の画家を選ばず若く未経験なレンブラントを選び、依頼したことは大きな驚きを周囲に与えるこ ... もっと読む

医学や医療を題材とした絵画や彫刻などの美術作品は多く存在しています。その美術作品を取り上げた切手も多くの国から発行されています。今回から数回に分けて医学を題材として美術作品を取り上げた切手を紹介いたしますので、お付き合いください。アムステルダムの国立美術 ... もっと読む

サーブ(メスのジャーマンシェパード)は1977年(昭和52年)4月8日に生まれ、愛知県名古屋市の中部盲導犬協会で訓練を受けた後、岐阜県のマッサージ治療院を営む男性を主人としました。1982年(昭和57年)1月25日、岐阜県郡上郡美並村(現・郡上市)の国道156号で主人を誘導中 ... もっと読む

警察犬とは、人の4000?6000倍といわれる犬の鋭い嗅覚等の能力を高度に訓練し、足跡追及能力や臭気選別能力を警察など法執行機関の捜査活動に利用する使役犬の一種です。1896年にドイツのヒルデスハイム市警察で始めて採用されたと言われています。警察犬として知られている犬 ... もっと読む

災害救助犬(レスキュードッグ)は、地震や台風、土砂崩れなど災害で行方不明になっている人を優れた嗅覚で捜索するために特別に訓練された犬たちです。災害救助犬の歴史は古く、西暦1000年代にはスイスのアルプス中腹に修道院が建設された頃、修道院で飼われていたセントバ ... もっと読む

盲導犬は、視覚障害者を安全に快適に誘導する犬です。犬が視覚障害者を引っ張っている様子は。古くはポンペイの発掘品の中に見られます。確実な資料では、1819年ヨハン・ウイルヘルム・クラインというウイーンの神父が、犬の首輪に細長い棒をつけ盲導犬として正式に訓練した ... もっと読む

検疫探知犬は、日本国内に鳥インフルエンザや口蹄疫といった家畜の伝染病侵入することを防ぐ為に、旅客の手荷物の中から動植物検疫の検査を必要とする肉製品や果物等を嗅ぎ分けて発見する犬のことを言います。米国,カナダ,オーストラリア,ニュージーランド及び韓国などで ... もっと読む

使役犬とは、人間のために利用される犬のことを言います。英語では使役犬のことを「working dog(ワーキング・ドッグ」といいます。意味は「働く犬」ですよく知られている使役犬には、盲導犬・聴導犬・介助犬・検疫探知犬などがあります。体の不自由な人のために、落とした物 ... もっと読む

吸血鬼が人の血液を求める伝説は、何らかの病気とも関係していると考えられます。一例を上げれば、血液のヘモグロビンを合成する機序が正常に働かない ポルフィリン症は、光過敏症、皮膚・歯肉の萎縮、歯の赤変などの症状を呈します。ヘモグロビンの合成ができないことから、 ... もっと読む

古来より欧米では吸血鬼伝説が各地で伝わっています。吸血鬼伝説のモデルとなった人物も多く存在しています。吸血鬼は、夜な夜な人の血液を求めてさ迷い、人の生き血を吸うことにより永遠の命を得ると伝えられています。古来より人の血液は生命の源と考えられ、古代エジプト ... もっと読む

↑このページのトップヘ