血液の鉄人の医学切手の部屋

今までに収集した世界各国の医学切手を使用して、医学の歴史・医学に貢献した人物・切手に描かれた病気や各種臓器など興味深くかつ理解しやすく紹介します。

エミューは、ダチョウ目エミュー科の鳥で、オーストラリアにしか生息していません。ダチョウと同様に空を飛ぶことのできない鳥です。ダチョウとの違いは、その体の大きさにあり、ダチョウを一回り小さくしたような体をしています。エミューはオーストラリアの非公式な国鳥で ... もっと読む

日本への原子爆弾投下は、第二次世界大戦の末期である1945年8月6日に広島に、同年8月9日に長崎に、アメリカ軍が二発の原子爆弾です。これは人類史上初、なおかつ世界で唯一核兵器が実戦使用された例です。日本人にもアメリカ人にも 「第二次世界大戦を終結させるためには ... もっと読む

生きとし生けるものは年をとりやがて死を迎えるのは自然の法則であり、何人もこの法則からは逃れることはできません。老化は20歳代から始まり、心臓、腎臓、脳への血液循環量は年と共に減少し、血管壁、細胞の弾力性も減少し、やがて聴力や視力も低下し、さらに老化が進むに ... もっと読む

赤血球は1958年にオランダの博物学者ヤン・スワンメルダム(1637-1680) が、カエルの血液中に"赤い小球体"が存在すると記載し、その後1665年にイタリアのマルセロ・マルピギー(1628~1694)がハリネズミの毛細血管内に流れる血液中に赤血球と思われる小体を発見したと簡単に記 ... もっと読む

関節リウマチは、過剰な免疫反応によって関節の中の滑膜が増殖して炎症を起こし、関節の破壊や変形してしまいます。以前は関節リウマチの治療法は困難でしたが、現在では治療法は特段に進歩しています。薬物療法では、抗リウマチ薬はもとより、近年登場した生物製剤、ステロ ... もっと読む

蜂蜜の中にはボツリヌス菌の芽胞が含まれていることがあります。蜂蜜は殺菌力が強くボツリヌス菌も普通の姿では生存しにくいため、身を守るために厳しい環境の中でも生存できる芽胞に変身していわば冬眠しています。この状態では、増殖はしませんし当然毒素も作りません。ボ ... もっと読む

血圧とは、血管内の血液の有する圧力のことを言います。すなわち、心臓の収縮期と拡張期の血圧をいい、それぞれ収縮期血圧(または最高血圧)、拡張期血圧(または最低血圧)と称します。血圧を表す単位は、mmHg(水銀柱ミリメートル)を使用します。人の血圧の正常範囲は、 ... もっと読む

アルツハイマー型認知症は、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種で、日本のアルツハイマー型認知症の患者は100万人はいると言われ、65才以上の10人に1人は発症すると言われるほど高齢者にとっては身近な病気です。2025年には5人に1人が認知症になると推 ... もっと読む

現代社会はストレス社会と言われています。ストレスとは、「外界からの刺激が積もりに積もった時に生体が持つ防衛反応として示す生体の精神上及び肉体上の不都合」です。このストレスを学問的に解明したのが、ハンガリー系カナダ人の生理学者のハンス・セリエ(1907~1982) ... もっと読む

古来から心臓は、生命の源と考えられていました。中国の『黄帝内経』には、「血液は全て心臓の支配下にあり、血液は絶えず循環していて、止まることはない」との記述があります。紀元前2000年頃の『エドウイン・スミス・パピルス』には、「心臓の鼓動はあらゆる部分の血管に ... もっと読む

ネコは、人間が認識することができる光の6分の1の僅かな光でも認識するできる。ネコの眼にはタペタム(輝板)と呼ばれる層が網膜の下に存在し、この層が光を反射することにより、入射光と反射光の両方の光が網膜を通過することになり、わずかな光でも物を見ることが出来ます ... もっと読む

ハチに刺されハチ毒が体内に入って起こるアレルギー反応のことを言いますが、ときにはアナフィラキシーショックを起こして死亡することもあります。わが国では、ハチ毒アレルギーによるアナフィラキシーショックによって毎年30人前後の人が死亡しています。ハチ毒アレルギー ... もっと読む

暴力により女性が苦しめられることは、全世界共通のことです。わが国においても同居関係にある配偶者や内縁関係や両親・子・兄弟・親戚などの家族から受ける家庭内暴力がドメスティックバイオレンス(domestic violence:DV)として多く紹介されています。巷では、ドメスティ ... もっと読む

昨今喫煙の弊害が大きく取り上げられると共に、受動喫煙の弊害も大きな問題となってきています。WHOの禁煙推進と共に全世界で禁煙運動が一段と盛んとなり、施設内での禁煙は当然ながら、公共の屋外での禁煙、過程での禁煙運動の高まりと共に、喫煙者はタバコを吸う場所が無く ... もっと読む

この切手は、1946年ポーランドが発行した「マイダネク強制収容所の犠牲者追悼の寄附金付切手」で、収容者を毒ガスで殺す死神が描かれています。マイダネク強制収容所は、ナチス・ドイツ占領下のポーランドのルブリン南方に、1941年から建設がはじめられ、1942年冬に完成しま ... もっと読む

↑このページのトップヘ