血液の鉄人の医学切手の部屋

今までに収集した世界各国の医学切手を使用して、医学の歴史・医学に貢献した人物・切手に描かれた病気や各種臓器など興味深くかつ理解しやすく紹介します。

山中 伸弥(1962~)は、日本の医学者・京都大学iPS細胞研究所所長・教授は、「成熟細胞が初期化され多能性をもつことの発見」により、2012年のノーベル生理学・医学賞をジョン・ガードンと共同受賞されています。体のさまざまな組織の細胞になる能力がある「人工多能性幹細胞 ... もっと読む

利根川 進(1939~)は、日本の生物学者で、「抗体の多様性の生成の遺伝学的原理の解明」によってノーベル生理学・医学賞を受賞しました。彼の「抗体の多様性の生成の遺伝学的原理の解明」の内容は、非常に難解で当時取材した記者団は『トネガワの研究はいかにすごいのか?』 ... もっと読む

大隅 良典博士(1945~)は日本の生物学者で2016年「オートファジーの仕組みの解明」により単独ノーベル生理学・医学賞を受賞されています。オートファジーとは細胞が自分の使えなくなったプロテインや細胞小器官をリサイクルすることを言います。要するにオートファジーとは ... もっと読む

本庶 佑博士(1942~ )は、日本の医師、医学者(医化学・分子免疫学)で、"免疫チェックポイント阻害因子の発見とがん治療への応用"により、2018年にノーベル生理学・医学賞を米国の免疫学者ジェームズ・P・アリソン(1948~)と共同受賞されています。世界で初めて活性化誘 ... もっと読む

山極勝三郎(1863~1930)は、1915年にタールをウサギの耳に塗り続けて、人工的にガンを発生させることに成功しましたが、欧米では全く相手にされず信用されませんでした。当時、癌の発生原因は不明であり、主たる説に「刺激説」「素因説」などが存在していましたが、山極は ... もっと読む

大村 智博士(1935~)は、日本の化学者で北里大学特別栄誉教授でもあり、2015年ノーベル生理学・医学賞をドリュー大学のフェロー ウィリアム・キャンベル(1930~)博士と共に、「線虫感染症の新しい治療法の発見」の業績により受賞しています。大村博士の業績とは、土中にあ ... もっと読む

高峰 譲吉(1854~1922)は、日本の科学者、実業家、工学博士・薬学博士で、タカジアスターゼやアドレナリンを世界で初めて 抽出・結晶化した人です。1894年、デンプンを分解する酵素であるアミラーゼの一種であるジアスターゼを植物から抽出し"タカジアスターゼ"を発明し、 ... もっと読む

1910年、鈴木梅太郎(1874~1943)が米のヌカ(精米する時にでる果皮)からビタミンB1を発見しアベリ酸(後にオリザニン)と命名しました。しかし、世界に論文を発表する際、「新しい栄養素だ」という言葉を訳されなかった為、「オリザニン」は世界から認められませんでし ... もっと読む

秦 佐八郎(1873-1938)は、島根県生まれの細菌学者で、ドイツのコッホ研究所で免疫学を学び、1910年エールリヒと共同で梅毒の化学療法剤サルバルサンを発見した人物です。秦は、ウサギの睾丸に梅毒トレポネーマを接種し、そのウサギを使用して化学製剤の薬効を試すこと606番 ... もっと読む

野口 英世(1876年~1928)は、1911年、梅毒スピロヘータの純粋培養に成功しますが、現時点まで野口の行った梅毒スピロヘータの培地による純粋培養の追試に成功したものはいません。1913年、梅毒スピロヘータを進行性麻痺・脊髄癆の患者の脳病理組織内において確認し、脊髄癆 ... もっと読む

北里 柴三郎(1853~1931)は、日本の医学者・細菌学者で、初代伝染病研究所(現在の東大医科学研究所)所長、日本医師会創立者、初代慶應義塾大学医学部長、初代北里研究所所長を歴任し、 日本の医学の発展に貢献した人物です。「日本の細菌学の父」、「日本近代医学の祖」と ... もっと読む

華岡清青洲(1760~1835)は、世界で最初に"全身麻酔"を成功させた人物です。1804年10月31日、『チョウセンアサガオ(曼陀羅華)』に数種類の薬草を配合した『通仙散(麻沸散)』を用いて、乳がんの切除手術に成功しています。この全身麻酔は、"世界最初"で欧米に先立つこと40年前 ... もっと読む

↑このページのトップヘ