血液の鉄人の医学切手の部屋

今までに収集した世界各国の医学切手を使用して、医学の歴史・医学に貢献した人物・切手に描かれた病気や各種臓器など興味深くかつ理解しやすく紹介します。

アドルフ・ヒトラー(1889~945)は、ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者でした。ドイツ民族至上主義者であり、その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと ... もっと読む

1940年から1945年にかけてドイツが占領下においた現在のポーランド南部オシフィエンチム市郊外に作られた、強制的な収容が可能な施設群の総称です。アウシュビッツは、火葬場、絶滅収容所、および強制労働収容所がある強制収容所の集合体でした。ナチスドイツが第二次世界大 ... もっと読む

ホロコーストとは、ナチス政権とその協力者による約600万人のユダヤ人の組織的大規模な迫害および殺戮を意味します。 「ホロコースト」は「焼かれたいけにえ」という意味のギリシャ語を語源とする言葉です。オスカー・シンドラー(1908~1974)は、ドイツ人の実業家で第二次 ... もっと読む

1939年杉原千畝(1900~1986)は、リトアニアの在カウナス日本領事館の領事代理に着任しナチスドイツの迫害から国内脱出をはかるユダヤ難民へ自分の独断でビザを発給し多くのユダヤ人を助けています。1940年7月18日の朝、ビザの発給を求めて多くのユダヤ人難民がリトアニアの ... もっと読む

樋口中将は満州国ハルビン特務機関長だった1938年3月、迫害を逃れ、ソ連を通過してソ連・満州国境オトポール(現ザバイカリスク)で立ち往生していたユダヤ人難民に食料や燃料を配給し、満州国の通過を認めさせた樋口季一郎陸軍中将のことは先に紹介しました。彼にはもう2つ ... もっと読む

1933年、ヒトラー内閣成立後、『反ユダヤ主義的措置の実行に関する指令』が発せられ、ドイツに住むユダヤ人への迫害が始まりました。その後ユダヤ人の迫害は日増しに激しくなり、ユダヤ人はポーランドを目指し脱出しましたが、ポーランド政府は受け入れに難色を示したため已 ... もっと読む

ホロコーストとは、第二次世界大戦中にナチス党率いるナチス・ドイツがユダヤ人などに対して組織的に行った大量虐殺を言います。今回は難民として逃れてきたユダヤ人を人道的立場から助けた日本人を紹介します。オスカー・シンドラー(1908~1974)や杉原千畝(1900~1986) ... もっと読む

トリュフは別名セイヨウショウロとも呼ばれています。トリュフは世界三大珍味一つでイタリアやフランスの林の土中に埋まっていることが多いことから、"黒いダイヤ"と呼ばれているそうです。トリュフの香りはきのことは思えない芳しいものです。トリュフは生食が可能です。ト ... もっと読む

エノキタケは、枯れたエノキの根元に生えるキノコであることからこの名前がつけられています。我々がよく食べるエノキタケのほとんどはおがくず栽培されたもので、光を当てずに低温で育てているため、モヤシのように全体に白く、軸が細長い形をしています。エノキタケには旨 ... もっと読む

マッシュルームはヨーロッパから輸入された食用栽培種で、日本名はツクリタケと呼ばれていて、日本国内での生産初期の商品名に由来するセイヨウマツタケとも呼ばれています。マッシュルームは、ホワイト種、オフホワイト種、クリーム種、ブラウン種の4つの品種群に大別され ... もっと読む

マツタケ(松茸)は、キシメジ科キシメジ属キシメジ亜属マツタケ節のキノコの一種で、日本やロシアを含むアジアとヨーロッパ、北アメリカに分布しています。日本でも一昔前までは多く収穫されていましたが、現在は収穫量は激減して極めて高価なキノコとなっています。国際自 ... もっと読む

キノコのなかには生食すると中毒するものが多く存在しています。例えばエリンギ,コウタケ,シャグマアミガサタケ,シイタケ,ドクベニタケ,ヒダハタケ,マイタケなどで、近年は欧米でもシイタケによるアレルギー性の中毒が増えているます。食べるときにはよく調理して加熱 ... もっと読む

シイタケ皮膚炎は、シイタケを食べた後に激しいかゆみと共に、ひっかいたあとに一致して全身に線状の発赤が出現する皮膚炎です。ジンマシンに似た皮膚の症状がみられ、かゆみが強いことが特徴です。この症状は生シイタケを焼いたものを食べてから数時間から数日後発症するこ ... もっと読む

春から秋にかけて、牧草地、芝生、牛馬の糞などに発生します。ワライタケにはシロビシンと呼ばれる有毒成分が含まれていて、食べると中枢神経の興奮や麻痺、幻覚作用を引き起こしこの影響で興奮状態となり、顔が笑っているように見えることが名前の由来だとされています。し ... もっと読む

夏から秋にカラマツなどの針葉樹林、ブナ、コナラなどの広葉樹林、雑木林の地上に単生しています。食べると下痢、吐き気など胃腸系の食中毒を起こすことがあります。巷では加熱すれば可食とされていますが、ルベッセンスリシン、イボテン酸、アマトキシン類などの有毒成分を ... もっと読む

↑このページのトップヘ