血液の鉄人の医学切手の部屋

今までに収集した世界各国の医学切手を使用して、医学の歴史・医学に貢献した人物・切手に描かれた病気や各種臓器など興味深くかつ理解しやすく紹介します。

明治の天才歌人と謳われる石川啄木(1886~1912)は、子どものころは神童と呼ばれ、 若 くして詩人としての才能を発揮し小説家を目指して上京しますが、小説家になることには失敗しそこで大きな挫折を経験します。 そして生活困窮のなか石川啄木は、1910年に刊行した初の歌集『 ... もっと読む

瀧 廉太郎(1879~1903)は、日本の音楽家・ピアニスト・作曲家で、明治の西洋音楽黎明期における代表的な音楽家の一人です。1901年(明治34年)4月6日、日本人の音楽家では3人目となるヨーロッパ留学生として出国しますが、わずか5ケ月後の11月に肺結核を発病し、現地の病 ... もっと読む

高杉晋作(1839~1867)は、幕末長州藩の尊王攘夷志士として活躍し、1862年上海に渡り海外状況を見聞し1863年長州藩の外国船砲撃直後の軍備強化を行い奇兵隊など諸隊を創設し、長州藩を倒幕運動に方向付けた人物です。残念なことに彼は、肺結核で満27歳8ケ月の若さで死亡して ... もっと読む

結核はかつては不治の病として恐れられ"亡国病"と呼ばれていました。日本においては明治時代から昭和20年代までの長い間、「国民病」・「亡国病」と恐れられてきました。結核菌は、ドイツ人医師で「近代細菌学の開祖(細菌学の父)」と称されるロベルト・コッホ(1843~1910 ... もっと読む

キノコの中には生食すると中毒するものが多く存在しています。例えばエリンギ,コウタケ,シャグマアミガサタケ,シイタケ,ヒダハタケ,マイタケなどで、近年は欧米でもシイタケによるアレルギー性の中毒が増えています。食べるときにはよく調理して加熱して食べるよう欧米 ... もっと読む

現在チーズは、世界で1000種類以上あると言われ、大きくはナチュラルチーズとプロセスチーズに大別されます。ナチュラルチーズは生乳を乳酸菌や酵素によって固形状にし、熟成させたものです。一方プロセスチーズは2種類以上のナチュラルチーズを混ぜて固めたものです。チーズ ... もっと読む

紅茶には「紅茶ポリフェノール」・「カフェイン」・「シュウ酸」などの成分が豊富に含まれていますが毎日飲み過ぎてしまうことで健康被害を招いてしまう場合もあります。特に「シュウ酸」という成分は尿路結石や腎結石の原因にもなると考えられているため、注意が必要となり ... もっと読む

オカメインコは、インコという名前がついていますが、実際はインコの仲間ではなくオオムの仲間です。オカメインコ(Nymphicus hollandicus)は、オウム目オウム科に分類される鳥類の一種です。オカメインコの和名の「阿亀鸚哥(おかめいんこ)・片福面鸚哥(おかめいんこ)」は、 ... もっと読む

ダルメシアン柄とは、"ダルメシアン"という犬種の肌を模したような白黒(モノトーン)の柄の事を指します。白地に黒くて小さな斑点がまばらに並ぶような感じです。切手は2000年キルギスタン発行の「ダルメシアンの小型シート」で、ダルメシアンが描かれています。切手は2003年 ... もっと読む

ナスを含むナス科植物(ナス、ピーマン、トウガラシなど)には、有毒なソラニンが含まれています。品種改良されている栽培品種のナスは、完熟した果実のソラニン含有量は比較的少なくなっており、健康被害を起こす恐れはまずありません。気をつけなければいけないこととして ... もっと読む

トマトにもアルカロイド系毒素であるトマチンという成分が含まれていて、茎や葉・花などを動物に食べられないように、トマト自身が分泌しているものだと考えられています。未熟なトマトの果実や茎、葉っぱには、比較的多くのトマチンが含まれていることが分かっています。常 ... もっと読む

ジャガイモの芽には、ソラニンやチャコニンという毒があることをほとんどの人は知っていますが、緑色に変色した部分にもソラニンやチャコニンが含まれていることを知らない人もいます。ソラニンやチャコニンは天然毒でジャガイモの芽や皮の部分に含まれていて、摂取すると吐 ... もっと読む

インゲンマメには緑色の若いマメを天ぷらや胡麻和え、バター炒め、サラダなどにして食べる「さやいんげん(軟莢種)」と、完熟したマメを煮豆や甘納豆、きんとんなどに利用する硬莢種とがあります。生の豆は腸の粘膜に炎症を引き起こし、食後2~4時間で急激な下痢、嘔吐、 ... もっと読む

ウイルス性肝炎とは、肝臓がウイルスに感染することで炎症が起こる疾患です。ウイルスの種類に応じて、A型、B型、C型、D型、E型、非A~E型、その他(サイトメガロウイルスやEBウイルスなど)、の7つに分類されます。以下に代表的な肝炎ウイルスを簡単に解説しておきます。1.A ... もっと読む

ヒトパピローマウイルス(Human papillomavirus:HPV)は、性経験のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。性交渉を経験する年頃になれば、男女を問わず多くの人々がHPVに感染し、そのうち一部の女性が将来高度前がん病変や子宮 ... もっと読む

↑このページのトップヘ