血液の鉄人の医学切手の部屋

今までに収集した世界各国の医学切手を使用して、医学の歴史・医学に貢献した人物・切手に描かれた病気や各種臓器など興味深くかつ理解しやすく紹介します。

チョウセンニンジンは、ウコギ科トチバニンジン属の多年草で、原産地は中国の遼東から朝鮮半島にかけての地域だと言われています。野菜のニンジンはセリ科で、チョウセンニンジンの近類種ではなく全く別の種です。チョウセンニンジンは糖尿病、動脈硬化に効果があり、滋養強 ... もっと読む

コカまたはコカノキは、中南米が原産で、コカノキ科コカ属の常緑低木樹です。中南米の最古の栽培植物のひとつで、葉からコカインが抽出出来、葉は伝統的に嗜好品として原住民が疲れを癒やすために噛んでいました。これがヨーロッパに持ち込まれコカの葉からコカインが抽出さ ... もっと読む

ジギタリスは、オオバコ科ジギタリス属の総称で、狭義ではジギタリス属の特定の種を言います。ジギタリスは地域毎に様々な名前を持つという、珍しい特徴を持っています。西洋では暗く寂れた場所に生える不吉な植物としてのイメージがあり、いけにえの儀式が行われる夏に花を ... もっと読む

センナは、マメ科ジャケツイバラ亜科の植物で、生薬名としてはセンナの小葉を言います。センナは上エジプトとスーダンのハルツーム付近に自然分布し、栽培もされておりインドやソマリアでも栽培されています。センナは和名では、センナ、ホソバセンナ、アレクサンドリアセン ... もっと読む

医療に役立つ植物を薬用植物と言いますが、世界中には多種の薬用植物が存在しています。薬用植物の効能は、伝統的に経験と勘により実証され、必ずしも科学的には解明されていません。全世界から薬用植物は発行されていますので、数回に分けて紹介していきます。第1回目は、 ... もっと読む

子供の頃、種からアサガオを育てた人は多いと思います。アサガオの種には毒があるのをご存知ですか?アサガオの種を食べると強い下痢、腹痛、嘔吐を引き起こします。アサガオの種に含まれる主な成分であるファルビチンは、峻下剤と呼ばれ、即効性があり、摂取するとすぐに非 ... もっと読む

子供の頃学校帰りに公園などに咲いているツツジの花を摘蜜を吸った人は多いと思います、私も日の中のひとりです。全てのツツジに毒があるわけではありませんが、レンゲツツジには強い毒があります。レンゲツツジは、ツツジ科ツツジ属の落葉低木で有毒植物です。レンゲツツジ ... もっと読む

2014年5月6日、河川敷でスイセンをニラと間違えて採取してそれを食べて5人の女性が食中毒の症状で病院に運ばれたと報道されています。食後10~20分後に吐き気などの症状で救急搬送されたということです。一般にスイセンのようなヒガンバナ科植物には、ヒガンバナアルカロイ ... もっと読む

トウゴマ(唐胡麻、学名:Ricinus communis)は、トウダイグサ科トウゴマ属の多年草で別名ヒマ(蓖麻)と呼ばれています。原産は、東アフリカと言われていますが現在では世界中に分布しています。種子から得られる油はひまし油として広く使われており、種にはリシンという毒 ... もっと読む

キョウチクトウ(Nerium oleander var. indicum)はインド原産で、日本へは中国を経て江戸時代中期に伝来したと言われています。葉が竹のように狭く花が桃のように美しい事から夾竹桃(キョウイチクトウ)と呼ばれています。※別種にヨーロッパ原産のセイヨウキョウチクトウ ... もっと読む

イヌサフラン(Colchicum autumnale)はイヌサフラン科の植物で、かつてはユリ科に分類されていました。ヨーロッパ中南部から北アフリカ原産で、秋に花が咲きます。名前にサフランと付き見た目も良く似ていますが、アヤメ科のサフランとは全く別の植物です。種子には 0.2 ~ 0. ... もっと読む

ヒガンバナ(彼岸花、石蒜、学名 : Lycoris radiata)は、全草有毒な多年生の球根性植物です。※全草有毒とは植物のすべての部分に毒性物質が含まれていることを言います※日本全土に咲き乱れ、呼び名も数多くあります。少し例を上げてみますと、曼珠沙華・地獄花・死人花・ ... もっと読む

スズランは、スズラン亜科スズラン属に属する多年草の一種です。君影草、谷間の姫百合とも呼ばれています。スズランの全草には、強心配糖体のコンバラトキシン、コンバラマリン 、コンバロシド などが含まれていますが、特に花や根に多く含まれています。この毒を摂取した場 ... もっと読む

今回から数回に渡って身近に咲く植物で有毒な植物について解説していきます。第1回目に梅雨時期に咲く紫陽花を取り上げてみました。紫陽花は、日本が原産の落葉低木ガクアジサイやそれを品種改良した園芸植物の総称です。原産地は日本で、ヨーロッパで品種改良されたものは ... もっと読む

劣化ウランとは放射線を放つ発ガン性物質であり、増え続けるこのゴミはその後の活用法がないことから、1950年頃からアメリカ軍内部で兵器としての廃棄物利用が研究され始めましたた。劣化ウラン弾(Depleted uranium ammunition:DU)とは、弾体として劣化ウランを主原料とす ... もっと読む

↑このページのトップヘ