血液の鉄人の医学切手の部屋

今までに収集した世界各国の医学切手を使用して、医学の歴史・医学に貢献した人物・切手に描かれた病気や各種臓器など興味深くかつ理解しやすく紹介します。

エイリアン(alian)とは、外国人、見知らぬ人が転じて異星人(地球外生命体)として使用されています。エイリアンの存在は、現時点では科学的に証明されていませんが、宇宙の広大さや地球外生命体が存在する可能性を示唆する様々な証拠からして多くの科学者や研究者は彼らの存在 ... もっと読む

竹水は、竹の成長期に根から吸い上げられた水のことです。竹は成長が非常に早く、一晩で1メートルほど伸びることもありこの驚異的な成長力を支えるのが、竹水なのです。竹水は、4月下旬から6月上旬にかけて採取でき特に、旧暦5月5日に採取された竹水は「神水」と呼ばれ、大変 ... もっと読む

使役犬(working dog)は、働かされる犬のことで、使役動物の一種として日常的には働く犬や職業犬と呼ばれることもあります。使役犬として有名なものとしては、盲導犬・聴導犬・介助犬・警察犬・麻薬探知犬・食物探知犬・災害救助犬などが浮かびます。この度柴犬が使役犬とし ... もっと読む

アル・カポネ(1899~1947)は、アメリカ合衆国のギャングで、禁酒法時代のシカゴを牛耳り高級ホテルを根城に酒の密造・販売・売春業・賭博業の犯罪組織を運営し、機関銃を使った機銃掃射まがいの抗争で多くの死者を出したことでも知られています。しかし反面黒人やユダヤ人 ... もっと読む

デジデリウス・エラスムス(1466~1536)は、ネーデルラント出身の人文主義者、カトリック司祭、神学者、哲学者で"ロッテルダムのエラスムス"とも呼ばれています。彼が1511年に出版した『痴愚神礼讃』(ちぐしんらいさん)は、特に有名で人間社会の馬鹿馬鹿しさや繰り広げら ... もっと読む

悪天候で考えるなら、ドレーク海峡が挙げられます。南米大陸の最南端と南極大陸の間にあるこの海峡は、世界で最も荒れた海として知られていて強風と高波が頻繁に発生し、多くの船舶が難破しています。サー・フランシス・ドレーク(Sir Francis Drake、1543年頃 - 1596年)は ... もっと読む

ホレーショ・ネルソン提督(1758~1805)は、18世紀末から19世紀初頭に活躍したイギリスの海軍軍人でトラファルガー海戦でフランス・スペイン連合艦隊を破り、イギリスの勝利に大きく貢献したことで知られています。1805年10月21日、トラファルガー海戦にて敵弾を受け戦死した ... もっと読む

無線通信発明は、イタリアの発明家グリエルモ・マルコーニ(1874~1937)ですべての功績を讃えられています。1901年に、彼は大西洋を横断する無線メッセージを初めて送信し、1909年にその発明に対してノーベル物理学賞を受賞しました。彼はその後も自身の発明に改良を重ねまし ... もっと読む

ニコラ・テスラは、1856年から1943年まで活躍したセルビア系アメリカ人の物理学者、電気技術者、発明家です。電気とエネルギーに関する研究で有名で、長距離の送電を可能にしたほか、無線通信やエネルギー伝達についての研究でも知られています。テスラは、27か国で270を超え ... もっと読む

月桂樹はギリシャ神話における太陽神アポロンの聖樹とされており、月桂樹の小枝で作った冠を勝者や英雄にさずけ称えていた習慣が転じて月桂冠という冠の名前がつけられました。そのような神聖な月桂樹を何故庭に植えてはいけないのでしょうか?その所以は、下記のようです。1. ... もっと読む

東郷ターンとは、日露戦争の日本海海戦で連合艦隊司令長官を務めた東郷平八郎(1848~1934)が用いた戦法で敵艦の進行方向を遮り、一斉砲撃する戦法で、丁字またはT字戦法とも呼ばれます日露戦争終結後、世界中でその功績が讃えられた東郷平八郎は、「ADMIRAL TOGO(東郷提督) ... もっと読む

203高地の戦いは、日露戦争中の1904年8月19日から1905年1月1日にかけて、遼東半島の旅順要塞周辺で行われた攻防戦で、第1次旅順総攻撃(1904年8月19日~25日)・第2次旅順総攻撃(1904年10月26日~30日)でも攻略できず、第3次旅順総攻撃(1905年1月1日)において日本軍は、 ... もっと読む

自国の独立を守るための重要な海戦で勇敢に戦い歴史的な勝利を収めたことから世界の三大記念艦といわれている船があります。世界三大記念艦と呼ばれる船は、下記のとおりです。1.戦艦三笠三笠は日本海海戦(1905年(明治38年)5月27日から5月28日)において、東郷平八郎司令長 ... もっと読む

アマゾネス起源はギリシア神話によると、アマゾネスは神アレスと女神アフロディーテの娘であるセミラミスの末裔とされています。アマゾネスは、男性と結婚せず、戦闘に明け暮れる生活を送り、右胸を切り取って弓射ちの邪魔にならないようにしたという伝説も有名です。ギリシ ... もっと読む

新型コロナウイルスのデルタ株は、インドから世界各地に広まりました。デルタ株は、2020年10月にイントで発見されたB.1.617.2系統の変異株で世界保健機関は. 懸念される変異株(Variants of Concern : VOC)に分類し監視を強化しました。2021年春にインドにおいて、1日の感染 ... もっと読む

↑このページのトップヘ