血液の鉄人の医学切手の部屋

今までに収集した世界各国の医学切手を使用して、医学の歴史・医学に貢献した人物・切手に描かれた病気や各種臓器など興味深くかつ理解しやすく紹介します。

シバの女王は、旧約聖書に登場する砂漠の国シバ王国の支配者で本名は伝承によって異なり、ニカウレー、ビルキース、マーケダーなどと呼称されます。旧約聖書「列王記上」10章および「歴代誌下」9章によると、シバの女王は、アラビア半島の南部、イエメンの南部に位置するシバ ... もっと読む

和算とは、西洋で発達した数字を使って計算をする数学ではなく、図解したりことばにおきかえて計算をする日本独自の学問で日常生活に即した場面で使われる実際的なところが特徴です。和算は、中国の伝統数学を基盤とする日本の算術体系で、明治に流入した西洋数学(洋算)と ... もっと読む

マンボウ(オーシャンフィッシ)は、大きな円盤のような体形を持つ海洋生物で、日本の沿岸域や他の海域で見られます。マンボウに関しては以下のような都市伝説があります。1.寄生虫を殺すためにジャンプ→水面に激突して死ぬ水族館でもジャンプすることはありますが、それが原 ... もっと読む

スプートニク・ショック(Sputnik crisis)とは、1957年10月4日のソ連による人類初の人工衛星「スプートニク1号」の打ち上げ成功の報により、アメリカ合衆国を始めとする西側諸国の政府や社会が受けた衝撃感、さらに危機意識を指す言葉です。スプートニク1号は、直径58センチ ... もっと読む

性質の異なる2種類のシートが対になり、それぞれの面を合わせることで接着させることが可能となる物を面ファスナーと言います。面ファスナーとは、布に特殊な加工を施したファスナーで、再び脱着可能な状態で結合したい場合に用いられ一般的にはマジックテープと呼ばれてい ... もっと読む

1954年、アメリカの日刊紙であるセントルイス・ポスト・ディスパッチ紙とサンフランシスコ・エグザミナー紙が「アメリカ空軍が、地球を周回する、謎の衛星の目撃報告を行った」という記事を掲載しました。この当時は、人類はまだ人工衛星の打ち上げに成功していなく、人類最 ... もっと読む

ブラックスワン理論(black swan theory)とは、認識論学者のナシーム・ニコラス・タレブ(1960~)が2008年に著した『ブラック・スワン』の中で提唱した理論ですありえなくて起こりえないと思われていたことが急に生じた場合、「予測できない」、「非常に強い衝撃を与える」とい ... もっと読む

ハチクマ(Pernis ptilorhyncus:ペルニス・プティロリュンクス)はクマタカに似た鳥でハチを主食にします。ユーラシア大陸東部の温帯から亜寒帯にかけての地域に広く分布し、北方で繁殖した個体は冬季南下して、インドや東南アジア方面の地域に渡り越冬します。日本では初夏に ... もっと読む

ニュージーランドにはヘビは生息していません。ニュージーランドにはヘビが生息していない理由としては、以下の3点が考えられています。1. 地理的な隔離ニュージーランドは、オーストラリア大陸から約1,500km離れた島国であることから、ヘビは陸上を移動する動物なので、こ ... もっと読む

三星堆文明は、紀元前2800年頃から紀元前1100年頃にかけて、中国の四川省に栄えた古代文明で遺跡は、四川省広漢市の鴨子河南岸に位置し、1986年に偶然発見されました。三星堆文明は、青銅器文化を特徴とし出土した青銅器は、大型の青銅人像や青銅神樹、青銅面具など、独特の ... もっと読む

今回は1986年4月26日に発生下チェルノブイリ原発事故の「闇」について掘り下げてみましたのでお付き合いください。この事故は、1986年4月26日にソビエト連邦のウクライナ共和国チェルノブイリ市近郊にあるチェルノブイリ原子力発電所4号炉で発生した原子力事故で史上最悪の ... もっと読む

フラミンゴの羽の色は生まれつきピンク色ではなく生まれた直後は、白や灰色をしています。フラミンゴは、エビや藻類などの餌に含まれる赤い色素(βカロテン、カンタキサンチン)によってピンク色を維持しています。フラミンゴは元々は灰色ですが、成長する過程で口にする餌に ... もっと読む

リスのしっぽは取れ(切れ)やすい構造になっており、野生下では敵に襲われた時などに抜けます。リスのしっぽには、骨と筋肉が内側にありますが、毛と皮膚は骨の周りにゆるく付着しているだけです。そのため、敵に襲われたときや、枝に引っかかったときなどに、簡単にしっぽ ... もっと読む

コモドドラゴン(コモドオオトカゲ)は、爬虫綱有鱗目オオトカゲ科オオトカゲ属に分類されるトカゲで、インドネシア(コモド島、リンチャ島、ギリダサミ島、ギリモタン島、フローレス島南部)に生息し、全長200~300cm、頭胴長70~130cm、体重約70kgあります。コモドドラゴン ... もっと読む

ヘビクイワシ (サジタリウス・サーペンタリウス:Sagittarius serpentarius)、別名秘書鳥(セクレタリーバード)は、サハラ砂漠以南のアフリカ大陸に生息するタカ目に分類される鳥の一種です。体長は1.2〜1.5m、翼開長は1.2〜1.35m、体重は2.5〜4.5Kgで、羽毛は灰褐色で頭部と頸 ... もっと読む

↑このページのトップヘ